ウェディングドレスの歴史

現在では当たり前のように選ばれるようになったウェディングドレスですが、元々は和装で結婚式をしているのが一般的だった日本にウェディングドレスが根付いたのかを知る人はあまり多くありません。
そもそもウェディングドレスは、エジプト、ギリシャが繁栄していた時代が始まりとされています。
その後、中世のヨーロッパでは色とりどりのウェディングドレスが登場し、金の糸で刺繍された豪勢な物や、宝石などの効果な貴金属などが縫い付けられた物が登場しています。
この頃から、ウェディングドレスは、その家の財力を象徴する物になり、より高価で派手な物が好まれるようになりました。

現在のようなウェディングドレスは白というようなイメージが定着するようになったのは、イギリスのヴィクトリア女王が乳白色のドレスを着た事がきっかけです。
ヴィクトリア女王は宝石を付け無かった為、豪華なウェディングドレスとは全く違っていましたが、これがその後のスタンダードになってきます。

日本では白という色が死装束に使われている為、縁起が良い物ではなかったので、浸透するまでに時間がかかりましたが、戦後の高度成長期に入るとホテルでの結婚式も増え、外国の文化が浸透してきた時と合わせて、徐々に浸透していきます。
日本でも、世界的に有名なウェディングドレスのデザイナーが登場し、より身近な物になってきました。
現在でも結婚式を挙げる場合には、ウェディングドレスを着られる方が増えています。
そんな方のために、ウェディングドレスの種類や、試着の注意点などをまとめてみましたので、良かったらチェックしてみてください。


◎特集
スタンダードなものからオリジナルのデザインまで結婚指輪を取り扱った通販サイトです →→ 結婚指輪 通販